はりまや葬祭会館 岡部葬儀社ロゴ なつかしい未来への始まり

ホーム > 葬儀の流れ > キリスト教(プロテスタント)

キリスト教の葬儀 プロテスタント

●臨終から前夜式
臨終が近いとなったら、意識のあるうちに牧師を呼びます。
洗礼を受けていれば「聖餐式」を、洗礼を受けていない場合は祈りを捧げてもらいます。
臨終のときには家族が「死に水」を含ませます。
納棺は、牧師を招き祈りを捧げる「納棺式」を行うのが正式です。
遺族だけで済ますことも多いようです。
白い花で遺体の周りを埋め、蓋を閉め黒布でおおいます。
棺の上には十字架をのせます。

仏式の通夜に当たる「前夜式」は、牧師の主導で進められます。
全員で聖書を朗読し祈りを捧げ、賛美歌を合唱します。
牧師の説教が行われた後、全員で祈祷を捧げます。
通夜ぶるまいの代わりに、故人を偲ぶ「茶話会」が行われます。

●葬儀の式次第例

プロテスタントの葬儀は、聖書の朗読や神への祈りが中心。
普通は教会で行われます。
葬儀の前に棺が運び出されていることが多いので、傾向としては「出棺式」は省略される方向です。
参列者が着席し、開始時刻になると、以下のような進行となります(あくまで一例です)。
1.牧師入場
オルガン演奏の中、一同が起立し、牧師が入場。

2.聖書朗読
一同着席。牧師の進行で賛美歌の合唱、聖書の朗読を行う。

3.祈祷・説教
牧師による祈りで一同黙祷。故人の略歴を紹介。続いて説教。再び祈祷と賛美歌合唱。

4.弔電披露・弔辞朗読

5.頌栄合唱・祝祷
頌栄は神の栄光をたたえること。一同、賛美歌を合唱。牧師の祝?を受ける。一同黙祷。オルガン演奏。

6.献花

7.遺族代表の挨拶
会葬の御礼。



はりまや葬祭会館
岡部葬儀社
高知市はりまや町1丁目11−17
TEL 088−883−4444
E-mail harimaya@okabe-sougisha.com