はりまや葬祭会館 岡部葬儀社ロゴ なつかしい未来への始まり

ホーム > 葬儀の流れ > キリスト教(カトリック)

キリスト教の葬儀 カトリック

●終油の秘蹟・納棺・通夜式
すべて教会主導で行われるのがカトリックです。
臨終間近に神父が呼ばれ「終油の秘蹟」という儀式が行われます。
神父が死に赴く人の額、目、口などに聖油を塗り、生前の罪に対する許しを神に乞い、祝福を与えます。
聖歌合唱、聖書朗読、祈祷の後、棺に遺体を納めます。周囲に白い花を入れ、棺を黒布でおおいます。
「通夜式」では、聖書朗読、聖歌合唱、説教などを行います。
本来キリスト教にはない儀式なので、厳格な決まり事はありません。
通夜ぶるまいは茶菓でもてなします。

●葬儀ミサと告別式
聖歌合唱の中、棺が教会に出発する「出棺式」によってカトリックの葬儀は始まります。
棺が教会に着くと、入口で神父が棺に聖水注ぎ祈祷します。
そして十字架を先頭にして棺を聖堂中央に導き入れ、安置します。
現代では出棺式を省略し、葬儀の日の朝に、棺を教会に運び入れ、祭壇前に安置しておくことが多くなっています。
1.入堂式
参列者が着席。
開始時刻に神父が入堂、聖歌合唱。
参列者は起立。
神父は祭壇・棺に献香。入祭の言葉を述べ、式が開始。

2.ミサ
神父の聖書朗読。
参列者の唱和。
神父の説教。
次に遺族が奉納したパンとぶどう酒をキリストの体と血になぞらえ、神父が信者にパンを分け与える儀式である「聖体拝領」が行われる。
その後、故人の追悼説教を神父が行う「赦祷式」。
神父は棺に聖水をかけ、香を焚いて故人の永遠の安息を祈る。
一同は聖歌を合唱。

3.告別式
故人の略歴紹介。
弔辞朗読。弔電披露。
遺族代表の挨拶後、聖歌が流れる中、神父、喪主、遺族など順々に献花。終了。
出棺の見送りについては、係員からの指示に従い、どこで待機するかを判断する。

●注意したいポイント
お悔やみの言葉を述べる際に、仏、冥福、成仏、供養などの仏教用語を使わないように注意しましょう。
また、中途の入場は慎みます。
花を贈る際にも、白い花のみという制約があります。
花輪を飾る習慣はありません。




はりまや葬祭会館
岡部葬儀社
高知市はりまや町1丁目11−17
TEL 088−883−4444
E-mail harimaya@okabe-sougisha.com